パーソナルカラー診断にいきました

 

 

パーソナルカラー診断を受けてきたので軽く記録として書きます。以前、マシュマロで「受けてみたらどうですか?」と言っていただき勇気を持って行きました。言ってくださった方、ありがとうございます。今回もよろしくお願いします。

 

 

 

最初に髪の毛の色や瞳の色、手どを見てどちらよりかをチェックしました。瞳の色等は自分ではわからないため担当の方に見てもらいました。自分で思っている色と他人が見た色では少し違いがあるのがよくわかりました。染めない自毛100%の状態で行き「髪の毛は何色ですか?」と聞かれた際に「限りなく黒に近い焦げ茶です」と言ったら担当の方に「どちらかというとアッシュ系だと思いますよ」と生まれて二十数年にして衝撃の事実を知りました。焦って「それ白髪じゃないですか!?」って言いそうになった。幼稚園児の頃から水泳をやっていて髪の色が長いこと抜けていたのでやめて時間が経った今やっと知った・・・。もうこの時点で人に見てもらうって大切だな、と実感しました。

 


顔の近くに色をあわせて見ていくのですがやはりオタクの性なんですかね、無意識に推しのカラーへ目がいく。赤、青、ベージュなど6色くらいの色を出してもらい少しずつ色合いが違うそれぞれのタイプに似合う色をあわせてどのタイプがあうのかを見ていきました。ここらへんは他の方のブログなどでかかれているのと同じだと思います。そちらの方が圧倒的にわかりやすくかかれているので詳しいことが知りたかったらそちらへ!!順番に色をあわせていきもう2色目くらいで「雨粒さん、サマータイプですね~」と伝えられました。確かにサマーが一番顔面大事故になっていない・・・。
そしてついに来た、推しカラー。これで事故が起きない服が選べるぞ!とワクワクしていました。ところが、人生そう上手くいくものではないですね!!!首元に持っていこうとしていた担当の方の手がピタリと止まり少し怪訝そうな表情をし始めました。あ、なにか察した??うん、そういうことだよ!!

 


担当さん「今からあてる色は日本人にはあまり馴染めない色なんですよ・・・。スカートとかならいいんですよ!!ただ顔周りは少しあれなので、できれば着てほしくないですね・・・。サマータイプの色でも影が・・・」
私(推し~~!?)

 


薄々察してはいたよ。同担カラギャンの皆様が遠くから見ても異様に色が浮いて見えるな~とか目に優しい方の色なのにどうしてあそこまで主張が激しいのかなー?推しの性格が色にまで写ったのかなアハハハハって思ってはいたよ。ただそんなことある!?推しの色わりと全否定されたよ!?まあPC診断って服選ぶ参考のために受けたからそれに縛られなくてもね!!!(ヤケクソ)


結果、1stがサマーで2ndがスプリングでした。ただ、黄みの入った色を顔の近くに持っていくと一気に顔が暗くなったり赤みが増すらしくできればサマーの色だけを使った方がいいよ、と言われました。どちらかというと紫が入った色や明るい色が得意みたいです。
「春・夏・秋・冬」の4つに部類されているけどあくまで大きく分けているだけで、私だったらサマーの色全てが自分にピッタリなわけではないらしくサマーのなかでも苦手な色があるらしいです。色をあわせていき、どうやらサマーの中でも濃いめの色や少しくすんでいる色だと合わないことはないけれど顔が若干負けるらしくパステルカラーがピッタリですね!」と言われました。

 

パステルカラー

 

パステカラー・・・

 

 

 


言われた瞬間動揺というか\大爆発/\大爆発/

 

備中鍬を担いで田舎道を歩いているタイプの見た目の人間がパステルカラー!?そ、そんなパステルカラーのもんぺなんて見たことないべ。じいさんや、どの染料を使ったらぱすてるからあが作れるか知っとるかい。

 

 

パステルカラー!?!?
は!?!?

 

爆音!!!爆発!!!!!
待ってムリムリ、太陽に叫べない!!!!!!!!!!!!

 

 

時代が止まっている人間なのでどうしてもパステルカラーときいたらゆるふわとか夢かわいい系が頭を過ぎり「え?お姉さん正気!?」と大混乱。ただ実際に色を合わせたときに肌の色が綺麗に見えたのは確かにパステルカラーだったので合わせ方だろうな。パステルカラーって名前だけで避けて通ってきたので驚きでした。淡い色をあわせるとぼんやりしてしまうと思っていたのに。2ndにスプリングがあり、スプリングが明るくキラキラとしたような色合いなので選ぶのなら一番明るい色がいい!とオススメしてもらいました。今まで避けた色だから真面目にコーデわからなくて大混乱だよ!!


お勉強の一つとして今回受けましたが今まで一切手をだそうとしなかった色にチャレンジするいいきっかけになりました。考えに縛られて苦しくなる必要はなくて一つの参考やいろいろな色を合わせるので今まで合わせたことがない色を当ててみると新しい発見があるんじゃないのかな。個人的にパステルカラーが意外とあうことと苦手な色をあわせると見事に顔が暗くなることを知れたのが大きな収穫です。「この色とこの色じゃないと似合わない!」とか「私はサマータイプだから~」と合う色に縛られるよりも「この色は上に持っていかないようにしよう」といい方向で服を絞っていける気がします。苦手な色でもパンツやスカートなど顔から離せば使えるし少し濃いめの色を使ったときに上から羽織るものの色を気をつけたりアクセサリーでバランスをとるなどたくさんアドバイスをいただけて考えやすくなった!
現場は戦場という過激な思想を持っているので服をどこから襲われても背負い投げするぞ!ってイメージで決めていたんですが、もう少し明るく考えてもいいのかな!!推しの色が似合わないのは変わらないけど!!どうしても強い女になりたがってキツイ色を使いたがるのですがそうしたら顔が吹き飛ぶよね!!お化粧のアドバイスもいただいたのですがどうやらびっくりするくらいブラウンのアイシャドウが似合わないようで・・・。カラーメイクが得意みたい!ただずっとブラウンシャドウを使って現場にいった民だからカラーメイクを現場にするのはハードルが高いよ・・・。みなさん、カラーメイクを現場にしていきますか・・・?カラーメイクなんて考えたこともなかった・・・。


最後に「私、黒が似合わないんですよね」と相談したらとても素敵な笑顔で「でしょうね!!」と言われました。やっぱり~~!?!?!?

 

 

 

 

 


ここまで読んでくださりありがとうございました。
黒を合わせたときの顔の吹き飛びようは異常でした。

 

 

 


余談です。
優しい印象のお顔なので~と何度も言われてたのですがその度に友人に言われた「嫌いなタイプの人間を見たとき生ゴミか死体見る目するよね」というインパクトしかない言葉が頭を過ぎりました。優しい印象が顔が薄いという意味なのはわかりますが「優しい」という言葉だけで少しだけ心がフワッとするじゃないですか。それを秒で潰して来る友人の言葉。一緒にいないのに心を殺して来るって友人、あなたはスナイパーかなにかなの?

 

 

 

 

 

なにかありましたらお気軽に↓↓

marshmallow-qa.com

mobile.twitter.com