推しの演技を浴びてきました

前回の記事にスターを下さった皆様、読んでくださった皆様ありがとうございます~!

 

寒くなってきましたので体調にはお気をつけてください。私は元気です!髪が最近ペッタンコでボリュームがでなくて死ぬほど悩んでます、冬眠でもする気なのか・・・?どうしたら髪の毛は元気になってくれるの~。朗読劇のことです~。今回もよろしくお願いいたします~、髪元気だして~!

 

 

朗読劇お疲れ様でした。今回はミステリーで主人公もしっかりと決まっていたので関係図も理解しやすかったです。主人公も両チームでキャラが違ったのでそれぞれ色が出て楽しかったです!

 

 

いやもう!推しが素敵でした!!は~、好き!!

推しが役をどう解釈をしたのかを考えるのが好きなのですが、今回も本当に好きというか「そういう方向性にいくよね!」と思うキャラが来て嬉しかったです。推し自身は明るい性格で本人曰く「落ち込むことがない」らしいんですがお芝居では憎しみの塊みたいなお芝居をなさるんですよ。

 

もうそれが好きで!好きで!

 

作品の朗読などで生でお芝居を見る機会はあれどあまり朗読劇がメインのイベントが多いわけじゃないので何気にレーベルの朗読劇って貴重なんですよね。しかも作品でもそこまで暗い方向に振り切ることもなかったのでそういった役を演じることが多いレーベルの朗読劇は大好きです。

 

レーベルの役者さん達で乙女向け作品に関わることが多い方が結構いるじゃないですか。その中でもヤンデレとか狂っている演技が素敵な方も多くて、そういう方々のお芝居を感じられるのは本当に幸せだなと思います。

今回は薄暗い内容だったため配役を知った段階からとっても楽しみにしていました。推しのダブキャスさんを先に拝見させていただいたので「推しがこの台詞を言うのか~」と思いながらだったんですが、地球が何周まわろうと!私が何度こけとうと!これはヤバいぞ・・・!!と感じるタイプでした。

ダブキャスさんのお芝居のタイプが推しと真逆な方でして「きっとガラッと変わるんだろうな~」と思って楽しみにしていました。

 

そして実際に見たら、はい好き~~~!!とスタオベしたいくらいに大好きな推しがいました。言葉を一切口にしていないオープニングから「え!?これ、私が好きなタイプじゃない!?ついでに言うとこの人私が好きな人じゃない!?まさか!?まさか!?推しだ~~~!!」と阿保なことを考えてました。

 

さっきから、好きしか言ってないよね!?好きだよ!?!?

 

舞台のうえでピカイチに輝いていて、唯一無二の役者さんで、推しだからこそのお芝居をする。ひゃ~、推し天才だよ・・・!!何て言えばいいんですかね、朗読劇ってどんどん公演ごとにお芝居に変化がうまれていくのですが「推しの演技に影響されたのかな・・・?」と感じる方もいて「うぅ、推し~!」となりました。 

ほんとあの音声だけでも聞いてほしいんですがやはりちゃんと音響が整っているリアルタイムでみてほしい・・・!もうやらないけど・・・。

 

個人的にチームの中で一番暗いお芝居をしていたと思うのですが(贔屓入ってます)終わったとのトークではすごくはしゃいでいて可愛かったです。暗い役柄だったからかずっとニコニコして他のメンバーの話にツッコミを入れて楽しそうな推しが見れました!!

 

ほんとにほんと悔しく感じることもありましたがそれは来年かまたいつかの機会にはれることを期待しています。

他担さんにも推しもお芝居を見てもらえてホクホクです。はてぶにいらっしゃる方の推し様もほんとにほんとに素敵でした~!素敵なものを見させていただきありがとうございます~!

 

朗読劇お疲れ様でした。

推しが好きだよ~!

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

 

なにかございましたら↓

marshmallow-qa.com

twitter.com