オタクいきる

前回の記事を読んでくださった皆さま、スターをくださった皆さまありがとうございます。


こんにちは、オタクの命は生きてるけどヒトとして精神が崩壊しそうな女です。いえ〜い!!今回もよろしくお願いします〜!!心が壊れる〜!もともと壊れてた〜!!


読んでくださった皆様はお元気ですか、ご自愛くださいね。




オタクのんびり生きてます。心のダメージは大きいもののまだ生きてる。おら、いきるだぁ。推しの強火オタクに台風がいて毎年イベントに参加しようとしてくるで…まあ…。


推しがリモート収録でラジオや番組を配信していたので一応推しの声は聞いていました。とは言っても配信も頻繁にということもなくリアルタイムの生きた推しは見ていませんでした。


あ、でもリモートのラジオの時の推しの音質がお世辞でもいいものではなくて一周まわってそこが面白かったです。相方さんは音質バッチリなのに対して推しは途切れ途切れで最初は「つらい!つらい!」と思っていましが今は「上流階級のような推しが我々のようにノイズが入った音声を届けているのか」と考え方を変えました。オタクって都合がいい生き物ですよね。


それと、もしかしたら推しは寸分違わぬ自分の人形を作って今まで自分が見てきたのは推しの人形かもしれない、じゃあこれは家の中ということで本物の推しなのか!?と思いながら聞くと最高に楽しい毎日を過ごせました。空の○界すきです。


と、ふざけは置いといて。
どうしてもいきたかったあるイベントが中止になりました。友人と話していても「5月にはおさまっているって願おう」と話してチケットの入金やチケ代のことを話しました。状況下で薄々察してはいましたが中止の発表も少し遅くて「もしかしたら」を考えていましたが中止になりました。


今の環境だからしょうがない、とかみんなだって悲しんでいるとか分かってはいるのにわからなくなるんですよね。みんな苦しい、私も苦しいんだよ!!って。誰かに当たって傷つけることが怖かったのでツイートをあまりしませんでしたが落ち着いた今言うと、


いきたかった!!!!!友人たちに会いたかった!!!!!一緒にキャッキャしながら新作発表とか聞いて間時間に沢山話したかった!!!いろいろ話たいことがあった!!!


って感じですね。一人の友人とはこのイベントくらいしか被るイベントがないので「また来年か…」って感じです。もう一人の友人は被るイベントがあったりなんだったら「引きずって私の推しのイベントに連れていく!」って言っているくらいですが私の中でその友人と中止になったイベントに行くのが夢であり一つの目標だったのでかなり凹みました。


当たり前だと思っていた予定も日常も当たり前ではないと気が付かされました。いつ、推しに会えるのかは分かりませんが早く生きた推しを安心して見れる世界になってほしいです。


ただ推しが「この経験はとっても大切なものになると思うよ」的なことを言っていて推しのプラス思考に助けられています。推しありがとう。最近、夢に出てくるけど夢の中で、客がいなくてチケット捌けない理由を「ソーシャルディスタンス採用してんだよ」って言ったの私の夢の中だけど天才だと思ったよ。客二人しかいなかったもんね。



ここまで読んで下さりありがとうございます。
夢の中に推しも出てきますが名前も知らない同担の子が一人出てきます。あまりに出てきて一瞬私って同担の友人いるんだ、とTwitterのフォロワー欄を漁りました。末期、助けてください。その同担さんもしいたらご連絡お願いします(?)